So-net無料ブログ作成
検索選択

中古車買取査定で走行距離は少ないとダメ!? [中古車]

中古車買取査定において走行距離は重要なポイントの1つに挙げられます。

走行距離が多い車は内部の劣化が激しいと考えられるので、査定ではマイナス評価になるのです。

走行距離は少ないほど評価が高いといわれますが、そうばかりでもないのが中古車買取査定の実情です。

車はそもそも走るために作られた乗り物なので、走らな過ぎも故障やトラブルを招く温床になるのです。

乗らな過ぎの車もマイナス査定になるわけです。

目安として言われるのは年間1万キロ。1万キロ以上だと過走行、1万キロ以下だと走らな過ぎ

このような評価となるので査定依頼の際は踏まえておくと良いでしょう。

何事も適正というものがあるのですね。

走行距離も愛車査定の重要なポイントになりますが、他にも中古車買取業者の選定も重要なポイントです。

あなたの愛車を高く買取る業者もいれば安値しかつけない業者もいる。ある車種には高い査定額をつけた業者も別の車種には低査定。

このようなケースも珍しくないので、愛車を買取に出す際はなるべく多くの買取業者に声をかけ、その中から高値をつける業者を選び出すことが不可欠になります。

中古車無料一括査定を使えば多くの業者に同時に査定依頼ができるので効率が良く効果的。

車種・年式・走行距離を申請するだけなので愛車を高額で売却するなら使わない手はありません。

一括査定を活用して最高値で愛車を売却してしまいましょう!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。