So-net無料ブログ作成
検索選択

中古車買取査定で走行距離は少ないとダメ!? [中古車]

中古車買取査定において走行距離は重要なポイントの1つに挙げられます。

走行距離が多い車は内部の劣化が激しいと考えられるので、査定ではマイナス評価になるのです。

走行距離は少ないほど評価が高いといわれますが、そうばかりでもないのが中古車買取査定の実情です。

車はそもそも走るために作られた乗り物なので、走らな過ぎも故障やトラブルを招く温床になるのです。

乗らな過ぎの車もマイナス査定になるわけです。

目安として言われるのは年間1万キロ。1万キロ以上だと過走行、1万キロ以下だと走らな過ぎ

このような評価となるので査定依頼の際は踏まえておくと良いでしょう。

何事も適正というものがあるのですね。

走行距離も愛車査定の重要なポイントになりますが、他にも中古車買取業者の選定も重要なポイントです。

あなたの愛車を高く買取る業者もいれば安値しかつけない業者もいる。ある車種には高い査定額をつけた業者も別の車種には低査定。

このようなケースも珍しくないので、愛車を買取に出す際はなるべく多くの買取業者に声をかけ、その中から高値をつける業者を選び出すことが不可欠になります。

中古車無料一括査定を使えば多くの業者に同時に査定依頼ができるので効率が良く効果的。

車種・年式・走行距離を申請するだけなので愛車を高額で売却するなら使わない手はありません。

一括査定を活用して最高値で愛車を売却してしまいましょう!

中古車買取査定では宝物を売ると思え! [中古車]

マニュアルミッション車両。

右手にハンドル、左手はギアチェンジ。かつての車の運転はすべてマニュアル車でした。

でも今はほとんどがオートマ車。最近トラックまでオートマが出現し、マニュアル車は絶滅危惧種になっているかの様相です。

でも、中古車査定の穴場はマニュアル車。マニュアル車の車は高く売却できる。

でもそれは日本の話ではなく海外の話。マニュアル車の需要は海外にこそあるのです。

マニュアル車両は耐久性が高い。さらにガソリンの消費もコントロールできる。そして修理の際も修復が比較的容易。

こうしたことから中古マニュアル車の需要は高いのです。

海外では車は乗りつぶすものであって、乗り換えるようなものではありません。

日本だと車検制度があるため10万キロ前後で多くの人が中古車として売却してしまいますが、海外では10万キロはおろか、30万キロ、50万キロは当たり前なのがスタンダードです。

100万キロまで乗るのも決して珍しいことではないのです。

国土が狭く、車検制度で状態が良く、乗り方も丁寧な日本の中古車は海外では驚くべき価格で売買されています。

中古車はもちろんですが、部品だって高値で売れる。どのようにでも現金化できるのが日本の中古車。

さらに日本車の性能の高さは世界が驚嘆するものであるから、日本製の中古車は高く売れるのです。

マニュアル車を日本で買取に出すと、

“需要がありませんから・・・”

こんな言われ方をして安値で売り渡してしまう。でもそれらは海外に輸出され、すごい高値で取引されている。日本のマニュアル車オーナーはそのような事情を知らず自分の愛車がどれほどの価値があるのか分からずに売却しているわけです。

それは事故車や不動車も同じでしょう。日本の査定では圧倒的に査定額がつかない車の代表であり、中にはコチラが処分費用を支払って引き取ってもらうケースもあるのです。

そうし安値で叩いておいて、海外で高い値段で換金する。実にアコギなやり方だなと感じます。

このように日本の中古車は世界では垂涎の的なのであなたの愛車も安易に売却してはなりません。

スゴイ宝物を所有している、そうした認識のもと、厳しく中古車買取業者をチェックして絶対に安値で売り渡さない覚悟をすることも大切だなと感じます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。